実写版『時をかける少女』(1983)におけるエロ、子どもの69・原田知世の唇・ロリコン×サディズム

実写版『時をかける少女』(1983)を観た。

胸を打つ感動があり、映像表現も面白く効果的、総じて素晴らしい映画である。
素晴らしい理由は多々あると思うが、絶対無視できないのは 「 エロ 」 である。
本記事では実写版『時をかける少女』(1983)における3つのエロを論じたいと思う。


一つ目のエロであり、本作で一番ヤバいエロシーンは、「 深町(実際は吾朗)と和子の幼少期回想シーン 」である。

『時をかける少女』(1983)シーン01

鏡の破片で手を切った二人がお互いの傷を舐めあうシーンである。
このシーンを観れば瞬間的に分かることだが、子どもの二人がやっていることはシックスナイン以外の何物でもない。
深町(実際は吾朗)は親指の先を、和子は人差し指と親指の間の股を怪我している。
男の子の先っちょを女の子が、女の子の股を男の子が、同時に舐めている。
子どもにセックスさせる映画、それが実写版『時をかける少女』(1983)だ!!!、ヤバすぎる!!!


二つ目のエロは、「 原田知世の唇 」である。

『時をかける少女』(1983)シーン02

私はこのシーンで唇がエロいと思った。それはなぜか。答えは原田知世の顔にある。
すごくボーイッシュで、女性性、性的なエロさ、女の魅惑を放っていない。
原田知世の顔は平坦である。悪意ある言い方をすれば、モアイ像のような平坦さを持っており、凹凸または起伏が少ないのぺっとした顔立ちである。
私の視線(男の視線、それは常に下心のあるスケベな視線である)は平坦な原田知世の顔を前にしてまず錯綜する。
「エロはどこにあるんだ!」「女はどこにいるんだ!」といった感じで戸惑うのである。
この錯綜する視線は彼女の唇に安穏の地を見つける。
原田知世の平坦な顔において唇の起伏はまったくもって乳房そのものであり、女の象徴である。唇の赤さもそれを支援する。
ボン・キュッ・ボンからほど遠い貧相な身体に、確かに膨らんでいる胸を見つけ、興奮するのである。


三つ目のエロは、角川3人娘なんてものの一翼を担うこの映画のつくり方そのものである「 ロリコン×サディズム 」だ。これはいわゆるアイドル角川映画全般に通じるものかもしれない。

『時をかける少女』(1983)シーン03

角川映画のヒロインは15歳前後(中学生)の少女を起用している。
大人の女と子どもの女の中間に位置するのがこの年頃の少女であり、彼女らは子どもかつ性の対象という存在になりやすい。
すなわち一般的にロリータコンプレックスを育む性質が女子中学生にはある(と思うよw、『セーラー服と機関銃』なんてロリコン映画丸出しだし、、、あの映画の薬師丸ひろ子はもうちょい年上だけど、、、)。
そして、そんな彼女らに演技というものをやらせること。これは役柄という縄で縛りあげることにほかならず、サディズムに満ち溢れており、すなわち性愛が彼女らに向けられているのであって、ロリータコンプレックスが必然的に発生している。
画面に映る彼女らの演技を観ればわかるが、子どもの純真さで頑張って精一杯の演技をしているのだが、演技の技術など有さず、天才的才能もない彼女らの演技はぎこちなくならざるを得ない結果となっている(クサい芝居を助長させる脚本・セリフも一因だ)。
そもそも無理なことをやらせて辱めること、その必死な様子を楽しむ変態趣味を感じざるを得ない。

おもしろいのは、『時をかける少女』の場合この変態趣味が功を奏し、 原田知世のぎこちないけど懸命な様子が、演技の上手い下手を通り越して人の心に訴える説得力を獲得してしまっていることだ。彼女の頑張りが余計に伝わるもんだから、その言葉に真実味が宿ってしまうのだ。
最後の理科室のシーンはタイムリープシーンも相まって泣きそうになったでほんま!!!



スポンサーサイト
プロフィール

ごろう

Author:ごろう

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-